2017年7月5日水曜日

伊藤英子が勤める保育園は、地域密着型です!


伊藤英子が勤める保育園では、地域との交流会を積極的に実施しています。例えば、保育園の夏祭りや、餅つき大会、秋祭りには、地域の老人会の方が参加してくださり、園児と共に行事を実施してくださっています。また、近隣の幼稚園との交流会も月に1度、また、小学校との交流会も2ヶ月に1度くらいの頻度で開催しています。そして、去年からは中学生との交流会もするようになりました。今年で2回目のその交流会では、中学校から吹奏楽部の方が演奏しにきてくれることになっています。園児たちも、伊藤英子も、とても楽しみにしているイベントの一つなのです。昨年始めてその演奏を耳にし、感動したことを覚えています。不覚にもその演奏を聞いて、伊藤英子は涙があふれ出てきました。中学生とは思えないほどの演奏!そして、園児たちにとても真摯に向き合ってくれた態度、あふれんばかりの笑顔!そこには、演奏以外の何かキラキラした希望のようなものが溢れていました。今年もまた中学校から吹奏楽部の方が来てくださるということなので、楽しみで仕方がありません。それにしても、地域と密着した保育園の体制って、いいものですね。保育園だけで見たら、とても小さな世界だけれど、その小さな世界の中に、いろいろな世界と接触する機会を設ける事によって、園児たちの視野も広がり、次のステップに繋がるような気がします。これからも、園児たちにとって、素敵な人との繋がりが増えていけばいいなー!

2017年6月27日火曜日

伊藤英子の宝物


保育園で務める伊藤英子には、宝物があります。それは、保育園を卒園していった園児たちからプレゼントされた、お手紙です。伊藤英子が勤める保育園だけかもしれませんが、代々卒園するときには、先生へということで、保護者の方と園児が手作りで作成したメッセージカードがプレゼントされるのです。本当にありがたいですよね。皆さんが忙しい時間を割いて、手作りしてくれるなんて、もうその気持ちだけでも嬉しいというのに、その手作りメッセージカードが毎年毎年、泣けるほどに感動するものなのです。園児の写真を添えて、園児から先生宛にメッセージが書かれているもの、お絵かきが書かれているもの、内容はそれぞれなのですが、その一枚一枚に、園児達の成長が見られ、その子供たちとのいろいろな思い出が蘇ってくるのです。これこそプライスレスだなー!と、思いますよね。そして、そのメッセージカードを見るにつけ、私はこの子供たちに、全力で向き合ってこられたかしら?もっとこの子たちの為にできたことはなかったかしら?やり残したことはないかしら?どうかこの子たちが小学校に入っても、前を向いて頑張っていけますように・・・と、思うのです。卒園しても、伊藤英子の大切な子供達という意味では変わりはないけれど、毎日そばにいて見守ることが出来なくなるという意味では、心にポッカリ穴があいたような気持ちです。私はそんな園児たちからの最後のプレゼントを時々ひっぱりだしては読み返します。それは、私の宝物でもあり、勇気の源にもなっているのです。どうかこの子たちがずっと幸せなときを過ごせますように・・・

2017年6月18日日曜日

伊藤英子のお薦め絵本「ねずみのでんしゃ」


今日は、かわいい絵本をご紹介したいと思います。伊藤英子の保育園では、その本を読むと、子供達は大喜びです。その絵本は、「ねずみのでんしゃ」というものです。この「ねずみのでんしゃ」には、7つごのかわいいねずみが登場します。7つごのかわいらしいねずみたちは、ちゅうがっこうに行くのです。けれど、7つごたちはちゅうがっこうに行くのが嫌だといって、お母さんねずみをこまらせます。理由は、ねむいからいや、いじめっこがいるからいや、いろいろな知らない子がいるからいや、とおいからいや、などなど・・・ん?これって、皆さんのご家庭でも耳にしたことがあるって?(笑)そうかもしれませんね。伊藤英子も、保育園で同じような台詞を聞いたことがありますもの。さて、子供達がそんな事を言い出したとき、あなたならどうしているでしょうか?・・・お母さんねずみはというと・・・7つごのねずみたちが寝静まったのを見計らって、二つの毛糸球を持ち出し、ちゅうがっこうまでの道をころがしていったのです。そして、電車の線路を作ったのでした。もちろん毛糸の線路です。電車が走るわけはありません。では何が走るの?そうです。毛糸で作った線路の上を、お母さんねずみと7つごねずみたちが走るのです。はじめはちゅうがっこうに行きたくない!と言っていた子ねずみたちも、その線路には興味津々!ついには家から飛び出して、ちゅうがっこうまでの道のりを走っているではありませんか!んー!まさにこれ!なにか興味のあること、楽しい事を見つけたら一歩が踏み出せるってことありますよね。絵本ながら、伊藤英子が思わず尊敬してしまうお母さんねずみのその行動。さすがです!挿絵もとてもかわいらしいので、ぜひ読んでみてくださいね。

2017年6月10日土曜日

伊藤英子、初めて見るプロによる人形劇に感激!


伊藤英子の保育園では、先日保育園の子供達全員で、人形劇を見にいきました。人形劇といっても、伊藤英子が幼い頃に見てきたような人形劇とは、一味も二味も違いました。とにかく、大人でも楽しめる内容の人形劇だったのです。伊藤英子が幼い頃に慣れ親しんできた人形劇は、園児の親がボランティアでやってくれていた、手作り感満載のものに対して、今回保育園で見にいった人形劇は、プロの人形劇団の方たちのものだったのです。やはりプロはすごいですね。人形劇というよりも、ミュージカルに近い感覚でした。大人になってから人形劇を見る機会を与えてもらったのも、保育園に勤めているからこそ!ですよね。ありがたいです。人形劇は約2時間あったのですが、子どもたちの集中力が途切れる頃に、会場全体で遊ぶようなボール遊びが盛り込まれていたり、かぶりものを着た方が会場内を駆け回ってくれたりと、随所随所に見せ場を設けてくれていたので、子供達も最初から最後まで集中が途切れることがありませんでしたよ。もちろん途中休憩もありましたしね!また、保育士をしている側の目線で見ても、とても勉強になるところが多くあり、いろいろな意味で今回の人形劇観劇は意味があったように思いました。新しいものを観ることや、体験する事ってとてもいいことですね。大人になった今ですら、ドキドキ、ワクワクがとまりませんでした。まるで童心にかえったような気持ちになりました。もし皆さんも興味があるようなら、一度見る価値はあると思いますよ!

2017年6月3日土曜日

伊藤英子が大好きな絵本


伊藤英子は仕事柄、絵本にふれる機会がたくさんあります。保育所の子供達に読み聞かせすることが多くあるからです。今は子供達に絵本を読んでいる側の伊藤英子ですが、幼い頃は、母親に毎日のように絵本を読んでもらっていました。私はなかなか寝ない子供で、母親が1冊絵本を読んだくらいでは眠りませんでした。2冊読んでも眠りませんでした。3冊読んでも眠りませんでした。4冊目になると、伊藤英子より先に母親がウトウトし出すので、「お母さん起きてー!」と、今にも眠りにつきそうな母親を起こすというのが、毎晩の寝かせつけの流れでした。その頃は、もっとたくさん絵本を読んで欲しいのに、すぐに寝てしまう母親が嫌でした。けれど、今大人になって振り返ってみると、忙しい時間帯に何冊も何冊も、私が眠りに付くまで毎晩絵本を読むことに時間をさいてくれていた母親が、とても尊く感じます。なかなか真似でいないことですよね。そんな母親に育ててもらったからか、伊藤英子は今でも絵本が大好きです。なかでも14ひきのねずみシリーズが!14ひきのねずみシリーズはたくさん出版されています。絵本の内容はもちろんですが、挿絵がまたかわいらしく、絵本からあたたかさを感じるのです。絵本では、14ひきのねずみの家族の一日を描いているのですが、家族みんながそれぞれを思いやっているのが伝わってきます。家族っていいな!って、思わせてくれるそんな絵本です。大好きな14匹のねずみシリーズは、今保育園でも読み聞かせているのですが、私が感じたように、保育園の子供達もまたこの絵本からあたたかさを感じ取ってほしいです!

2017年5月26日金曜日

伊藤英子が大好きな詩「千の風になって」


皆さんは、「千の風になって」という歌をご存知でしょうか?伊藤英子の大好きな歌です。「千の風になって」を聞いていると、心がふるえるように気がします。そもそも伊藤英子と「千の風になって」の出会いは、伊藤英子の身内に悲しい出来事があったとき、親友が「千の風になって」の本をプレゼントしてくれたのがきっかけでした。あらためてじっくり聞くと、ほんとうにとてもいい歌詞です。「千の風になって」が世界中の人から愛されているのがわかります。そんな「千の風になって」は、これほどまでに人々の中で浸透しているにもかかわらず、いまだに誰が書いたものなのか知られていません。不思議ですよね。多くの人が作者を必死の思いで探したのに・・・です。けれど、この「千の風になって」を書いた作者は、きっと最愛の人との永遠の別れを前に、その悲しい別れに立ち止まらずに、前を向いて歩んでほしい!そして、そばにいて温かさを伝えることは叶わなくとも、気持ちだけはずっと永遠にそばにいるということを伝えたかったのでしょう。時に風になって、時に雪になって、時に光になって、形は変えてもずっとあなたとともに・・・なんて素敵な愛の歌なのでしょう。「千の風になって」は、マリリン・モンローの追悼式、映画監督であるハワード・ホークスの葬儀、2001年9月11日に起きた同時多発テロの追悼集会でも読まれたそうです。この詩に心を揺さぶられた人がどれだけいることでしょう。伊藤英子もいつの日か、保育園のみんなにこの詩の素晴らしさを伝えられたら・・・と、思います。

2017年5月18日木曜日

伊藤英子がついつい見てしまう番組


このお仕事をしていると、ついつい見てしまうテレビ番組があります。それは「はじめてのおつかい」です。皆さんもみたことがあるのではないでしょうか?伊藤英子が勤めている保育園にも、「はじめてのおつかい」に登場してくるような年齢の園児たちばかり!ついついその園児たちと重ねて見てしまいますね。伊藤英子の勤める保育園のこどもたちも、しっかりもののように見えても実はとってもあまえんぼうの子や、何をするにも誰かと一緒でないと不安な子、ほんとうにいろいろな子供達がいますが、そんな子供達が不安な気持ちに打ち勝って、勇気を振り絞って初めて家族から離れて、たった一人で家族のためにおつかいにいく!これって、こどもたちにとっては大冒険ですよね。伊藤英子も幼い頃に、母親に近所のおばちゃんのところにおすそわけを持っていって!と、お手伝いを頼まれた事がありました。けれど、一人ででかけるという行為があまりに恐怖で、伊藤英子は断念した覚えがあります。今大人になって振り返ってみると、お手伝いを頼まれたおばちゃんのお家は、自宅から10mほどしか離れていなかったのですが・・・()その距離が怖かったのかなー・・・今では考えられないですよね。けれど、「はじめてのおつかい」って、本当にいい番組だと思います。現実問題、はじめてのおつかいにチャレンジさせたがっている親って結構いると思います。ただそれに踏み切れないのは、たくさんの隠れた危険ですよね。けれど番組がバックにあると、いろいろな目で助けてくれます。そんな安心した状況で大冒険をさせて、自信を持たせることが出来るなんて最高ですよね。私も子供ができたらぜひチャレンジさせたいなー!